rakutenうつ3

今やとても他人事とは言えなくなってしまったと言えなくもないEDですが、そもそもEDになってしまう原因とは何ぞや?という疑問にぶち当たるのではないでしょうか。EDにはおおよそ3つのタイプがあります。ここでは、EDになる原因と推定できる3つのタイプを紹介致します。


【1】先ず、一つ目は機能性EDと呼ばれるものです。特徴としては、 ストレスや焦燥感、焦り、プレッシャーなどの心理的な要素によって発症します。過去の性行為時に於ける失敗体験がトラウマとなり、「次も失敗したらどうしよう・・・」という気持ち、感情がEDを恒常的なものとして慢性化させてしまうのが特徴でもあります。けれども、心理的な圧迫感が性行為の失敗からきてしまうものとは言い切れません。仕事で悩みを抱えているようなパターンでもEDとして症状が引き起こされる場合もあります…。 ちなみに、20代~30代の若い世代にも現れることが多いと言われる症状でもあります。





【2】2つ目は器質性EDと呼ばれるものです。これも特徴としては 器質性EDと呼ばれる症状で、主に血管系の障害から発症すると言われるEDのことを指します。こういった症状はメタボや、加齢現象に伴う肥満症と併発しやすい傾向が特徴的であるといえます。年をとると言う事は何人(なんびと)に限らず、外見だけではなく、肉体の中身も老齢化が進行していきます。基礎代謝の衰えによる内臓脂肪の増加が、動脈硬化をどんどん進行させて、血行不良が起きてゆきます…。そしてペニスに血液を集める海綿体が充血しにくくなり、勃起する活力が減退、発症するのです。





【3】3つ目は薬剤性EDと呼ばれるものになります。特徴としては 医薬品による副作用が、勃起不全を引き起こす場合のことです。よくあるケースとしては心療内科の抗うつ薬や向精神薬、又、高血圧治療の降圧剤などを服用している人に多く見受けられるのが薬剤性EDの症状とも言われます。




ではここで、EDになる種類・タイプはわかったけど、それじゃ、どうしたら解消・解決できるのかと言うようなことを次回、述べたいと思います…。







※この記事を読んだ方は、
こんな記事も読まれています。

ED(勃起不全)とは 
EDの症状・原因勃起不全を考える 
EDを克服 副作用ゼロの安全な精力剤 
ED克服の正しいやり方で本当の精力回復













スポンサーサイト