rakuten恐怖症13


【機能性EDの場合・解消法】

先ず最初にお届けした1つ目の機能性EDの解消法ですが、精神的(心因的)な要因から発症するEDは、まずその根本原因を取り払って心のダメージをストレスなく軽くしてあげる必要性があります。そんな理由から、あなた自身が原因を特定しなければなりません…。何でも話せる親友や愛する妻・恋人・パートナーを相談相手に話してもいいのですが、こういうことは、やっぱり恥ずかしくて直接、話すのは抵抗がある…。と言う方はED治療専門のクリニックでカウンセリングを受けるのも効果的であり、一番の解決策と言えるのでは…。どちらにしても何より肝心なことは 1人で抱え込まずに、周りに悩みを吐き出して、あなた自身の心の負担を軽くする事から始めましょう。



【器質性EDの場合・解消法】

次に器質性EDの解消法ですが、若年性の場合は、ダイエットをすることで解消する場合もあります。しかし、あなたの肉体に老化現象が現れ始める壮年期あたりになると、代謝も低下してしまいます。それゆえ、こういった場合は改善には多少なりとも時間が掛かると考えなければなりません。 ED治療薬による治療と一緒に、ジョギング・ウォーキングなどの運動療法も取り入れて、血の流れを良くしてあげるようにしましょう。 ※しかしながら、血圧降下剤などご利用中の方は併用禁忌薬として一緒にED治療薬を服用することはできませんので注意する必要があります。よくわからない時は必ず担当の医師などにお尋ねする事をおすすめします。



 【薬剤性EDの場合・解消法】

そして3つ目ですが、このタイプのEDは、まずは元々の病気を改善することに注力を注いでください…。そしてその後に担当医師に相談の上で、ED治療薬の処方箋が出来るようであれば、医師に処方してもらう事によって、薬物療法による改善を目指すのがベストな選択と言えるのではないでしょうか…。近年、若年性EDが増えている原因ですが、昔はEDと言えば多かれ少なかれ、年齢層が上の男性がかかる病気という印象であり認識でした。しかし、ここ近年、EDになるのは、上記等で解説・説明したように心因性が原因となる場合があるとお話しました。そうです、まさに年齢はあまり関係がないものだといえます。 確かに昔から若い人にもEDの悩みはあったのですが、現代のように専門で治療する医療機関や薬が無かったため、表面化しにくかったと言えます・・・。


現在はED治療専門のクリニック(病院)やバイアグラが登場したことにより、昔とは違って治療を積極的に行う多くの人が増えたことにより、患者さんが表面化したものだと言えるのではないでしょうか…。 ちなみにそれだけではなく若い世代が心理的や肉体的にも遥かに敏感?な事から、EDにかかりやすいのではと、いえるかもしれないですね。「う~んッ、そうかも…」などと、心当りのある方などは、今後に於いても症状を長期化させないためにもED治療を積極的におこなうようになされたほうがいいと思いますね…。















※関連記事

ED(勃起不全)とは
EDの症状・原因勃起不全を考える
EDになる原因と推定できる3つのタイプ
EDを克服 副作用ゼロの安全な精力剤 
ED克服の正しいやり方で本当の精力回復



スポンサーサイト