2013y06m06d_202649492.jpg

 皆さん、まずはじめにインポテンツとED(勃起障害)は
違うと言うことをご存知ですか?

インポテンツは「性的不能」のことを指し示し、EDとは区別しなければなりません。EDは大変、デリケートで神経質な病気です。悩んでいる人にとって人前では自分の事をEDとは、なかなか公言しにくいものです…。



そういった意味でも、EDに悩んでいる人のことに配慮して、できるだけインポテンツとEDという言葉は、慎重に取り扱うべきものでなければならないと思います。 ED(イーディー)とは「勃起機能の低下」を指し示して、「勃起障害」あるいは「勃起不全」と定義されます。このような言葉にしてしまった場合、完全に勃起ができない状態と、とらえがちですが、実際のところは、そういったことはありません。勃起に時間が必要になったり、勃起してみても真っ最中に萎えてしまったりして、十分満足のいく性交ができない・・・と思う人は、どちらにしても EDの疑念があります。



今の時代においては間違いなく昔と違い、稀な病気とは言えなくなったED(勃起障害)ですが、そこでまずはそのEDの定義それ自体を確認していこうと思います。 EDとは「申し分ない満足?な性交渉をするために十分な勃起を達成できない」と言うか、「維持することが難しい状態」、ないしは「基本的に性交の局面の75%以上で性交ができない状態」と見なされています。 この定義ではとても範囲が広く、どのあたりまでをED(勃起障害と指し示すのか、明白ではありません。



例えば、日数に関係なく10回の性交渉時に於いて10回ともまるっきり勃起ができない状態であったとするなら、それは間違いなくEDと判断できます。 それでは3回に1回だったら、4回に1回だったら…どうでしょうか。上の定義上では当てはまりませんよね…。人によって考え方、感覚が違うと思いますが、一般的?と言うか私自身の経験をも含めて3回~4回に1回でも、思っている以上に性交渉の際は不安と感じるのではないかと思います。



さらに、性交渉の途中に勃起を維持できなくなる(中折れ含む)ケースが続発する場合もEDの可能性があると言えます。 個人によってその程度にはバラつきがあると思いますが自分自信が性交渉に於いて、その悩みを感じられるようになる事が多くなった場合は一度、 EDと言う可能性を疑ってみる必要があると言えます。  
 


それについては、概していえば心因性が原因の「機能性勃起障害」の場合、そして心的ストレスや疲労などが原因の場合もあります。そのような場合だと一時的に自分自身が十分満足のいく勃起を得る事ができない状況もあります…。 「近頃はちょっと…」という時に早い内に自分の事をED(勃起障害)と決めてかかることは適切な判断とは言えません。 「機能性勃起障害」の原因でもある多種多様な心的ストレスや又、疲労を長期間に渡って蓄積した事による深刻なED(勃起障害)に発展する可能性もあります…。 






















※関連記事
EDの症状・原因勃起不全を考える 
      ED解決 勃起不全 陰茎増大 精力剤
▲EDを克服 副作用ゼロの安全な精力剤 
      ED解決 陰茎増大 精力剤
ED克服の正しいやり方で本当の精力回復
      ED克服 精力回復 勃起


ED勃起不全おすすめ

EDを克服!副作用ゼロの安全な精力剤  
ED克服の正しいやり方で本当の精力回復!
下半身に悩むあなたに力強い男の活力を!
禁酒・禁煙・禁欲なし、精力アップはこちら!








スポンサーサイト